▼フリーワード欄に「売り子」で検索▼

画像

 

コボスタ宮城売り子バイト募集情報

あの優勝の感動をもう一度味わいませんか?
しかも今度は球場で選手やお客さんと一緒に!

 

東北楽天ゴールデンイーグルスが本拠地とするコボスタ宮城ではビールやその他ドリンクの売り子バイトを募集しています♪
コボスタ宮城で売り子になりたい方は必見です!!

 

コボスタ宮城の売り子バイトは大手求人サイトではなかなか大々的には募集されていない傾向にありますが、「バイトル」で募集されることがほとんどです。

 

他の球場に比べてコボスタ宮城の売り子バイトの特徴は高校生が多いことが挙げられます!
どこの球場でも売り子スタッフは高校生の応募が可能なのですが、大学生が中心になりますがコボスタでは高校生の受け入れに柔軟です☆

 

売り子バイトの特徴は他のバイトに比べて高時給なことですよね?
当然ながら高校生だからといって時給が少ないなんてことはありません!!

 

他の球場と同様に売上に応じたインセンティブ制が採用されています♪
さらに、一定の販売数を達成するとインセンティブとは別に奨励金までもらうことができます☆
あなたの頑張った分がそのままお給料に反映されるのです♪

コボスタ宮城ってどんなとこ?

楽天koboスタジアム宮城基本情報

本拠地球団:東北楽天ゴールデンイーグルス
アクセス: JR仙台駅 徒歩20分(シャトルバス運行有)
収容人数:野球開催時:28,736人
平均観客数:約22,000人
サイズ:両翼100.1m、センター122m

 

施設概要

1970年代にロッテオリオンズがフランチャイズとして利用していました。
その後ロッテが千葉に移転したため、しばらくフランチャイズがありませんでしたが、楽天がプロ野球に参入した2005年から本拠地として利用しています。
当初は宮城球場という名前でしたが、ネーミングライツを売却して、フルキャストスタジアム宮城、日本製紙クリネックススタジアム、楽天koboスタジアムと、何度も名前が変わっているのが球場の大きな特徴です。

 

球場概要

1950年に完成したこの球場は、プロ野球を開催するには小さく、収容人数も30,000人を割っていることが問題となっていました。
そこに楽天が本拠地として利用することとなったため、2004年から改修工事を始め、2005年3月、2006年3月と複数回にわたる改修工事を行って今に至っています。
2011年の東異本大震災の際には、球場が一部損傷してしまったため、開催予定だったオールスターゲームの開催ができず、広島のzoom-zoomスタジアムにて代替開催をしたことも話題となりました。

 

画像