売り子のコツ

 

ビールの売り子さんはとても人気のあるアルバイトです。
売り子バイトをしてみたい!という方の中には「野球が好き!」「売り子に憧れる!」という方もいらっしゃると思いますが、やはり魅力である高時給をひとつの理由に売り子バイトに応募する方もいるのではないでしょうか?

 

ビールの売り子さんが高いお給料をもらえるのはビールをたくさん売るからです!
歩合制ですので、1日で売れば売るほど多くのお給料をもらえます♪
そこで今回は売り子経験者である管理人が野球場の売り子としてビールをたくさん売るコツをご紹介いたします☆

 

売り子が多く売るコツ

野球場の売り子さんとしてビールを売るコツは“お客さんの心をつかむことに限ります!!
たくさんビールを売りたければ、お客さんの心をつかめるように、笑顔や元気の良さは言うまでもなく、試合中に臨機応変に動くことが要求されます。

 

例えば、ビールを買ってくれそうなお客さんを把握することです。
同僚のサラリーマン4人組といったグループで観戦に来ているお客さんは、一度で4杯、6杯とビールをまとめ買いしてくださる可能性が高くあります。
こういうお客さんを見かけたら、ビールの減り具合などをチェックしながら声をかけてみるとたくさんビールを買ってもらえます!
また、一度買ってくれたお客さんは覚えておいて、近くを繰り返し立ち寄りつつ、再び買ってもらえないかどうかを探ります。

 

中には「次も買うから後でまた来てほしい」などと、お客さんの方から声をかけられることもありますが、何も言われなくても自分で把握し、チラチラ気にして立ち寄るといいですよ!
ただし、あまりしつこく立ち寄ると、嫌がられることもあるので注意が必要です。

 

また、通路後方の座席のお客さんは、ビールを買いたくても買えていない場合があります。
通路の後方だと、遠くて売り子から気付いてもらえないことや、階段を登ることがハードルとなり、前方の席より売り子の巡回率が悪いからです。
ですので、後方席のお客さんまで全体的に見渡しながら移動したり、しんどくても階段の上まで登っていくと、お客さんから声をかけてもらえることがあります。

 

このように、地道な努力や自分なりに試行錯誤を重ね、お客さんの心をつかめるようになることこそ、売り子がビールを多く売るコツとなります♪

 

売り子バイトは時間給ではなく、歩合給なので、せっかくなら同じ労働時間でたくさんビールを売って、人より多くのお給料を受け取ってください☆

 

バイトル

ギガバイト

LINEバイト

東京ドーム/ヤフオクドーム/甲子園/マツダスタジアム

横浜スタジアム/札幌ドーム/ZOZOマリン/ヤフオクドーム

東京ドーム/甲子園球場/コボスタ宮城